第385回振動談話会のご案内

2019年5月10日

 

 

    第385回振動談話会のご案内

 

            幹事  京都工芸繊維大学  射場大輔

                日本製鉄     近藤 修

 

 拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます.

 

第385回例会を下記の通り開催致します。

皆様の積極的なご参加をいただきますよう、ご案内申し上げます。

 

                                             敬具

 

           記

 

    第385回 振動談話会

 

開催日 : 令和元年5月23日(木)

時 間 : 14:30~17:00

会 場 : 大阪市立大学 梅田サテライト

        〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-600

      (大阪駅前第2ビル6階)

      https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/university/access

 

 

○プログラム

 

[連絡]14:30-14:40 開催挨拶

 

[講演1]14:40~15:20

題目 :スマートギヤ実現に向けた取り組み

講演者:射場大輔(京都工芸繊維大学 准教授)

概要 :本講演では動力伝達系で用いられる歯車の状態を監視するための

取り組みについて紹介する.これまでに”スマートギヤ”を実現するため,

導電性インク用4軸レーザー印刷機を開発し,き裂検知センサを樹脂歯車に

印刷した.その製作方法等について発表する.

 

[講演2]15:20~16:00

題目 :歯車歯面性状の2次元周波数解析とその応用

講演者:本宮潤一(鳥取大学 助教)

概要 :歯車歯面には,機械加工によって細かい傷(加工痕)が残っており,

これらは,ギヤボックスの効率,騒音や振動に大きく関わっている.このとき,

工法や加工条件と紐づけられた加工痕のデータベースがあれば,歯車の運動解析や

設計をより効率的に行うことができる.一方, 収集された歯面情報を最大限活用

するためには,蓄積・加工・編集しやすく,かつ小容量のデータであることが

重要である.本講演は,歯車歯面の3Dデータ圧縮技術に関する新しい取り組みに

ついて紹介する.

 

~休憩~

 

[講演3]16:10~16:50

題目 :空気浮上免震住宅の開発

講演者:三瓶久仁雄(三誠AIR断震システム)

概要 :地面と接していない浮いた家なら揺れない,という理屈を具現化し,

一般住居を対象とした空気浮上免震装置を開発し,実用化した.

家の倒壊は言うに及ばす,家具の横倒しなどによる被害も未然に防ぐことが

可能である.本報では開発に至る経緯と内容,及び実際の施工例を示す.

 

[諸連絡]16:50-17:00

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    一般参加 (水曜日, 22 5月 2019 12:17)

    一般参加は可能ですか?

  • #2

    HP担当 (木曜日, 23 5月 2019 09:26)

    HP担当です.

    基本的に会員のみです.
    しかし,会員になることを検討する目的で参加を希望される
    場合などには,参加を認める場合があります.会員になる前に
    参加を希望される場合には,問い合わせの欄からご連絡ください.
    会長と幹事に連絡し,回答致します.