第374回振動談話会のご案内

                                             平成29年7月14日

 

         第374回振動談話会のご案内

 

 

 

               幹事  京都大学    河野 大輔

                   コベルコ科研  廣岡 栄子

 

拝啓  時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、第374回例会を下記の通り開催致します。

通常は3回目に実施している見学会(製鉄所、4Poster試験機)と交流会

を今回開催させて頂きます。

暑い時期ですが、皆様是非積極的な参加をいただきますよう、

ご案内申し上げます。

 

                                             敬具

 

              記

 

             第374回振動談話会

 

時 間 : 13:00~17:00

会 場 : 加古川商工会議所 1階 展示ホール

          〒675-0064 兵庫県加古川市加古川町溝之口800番地

http://kakogawa-cci.or.jp/access.html

 

○プログラム

[開催挨拶]13:00-13:05

 

[講演1]13:05-13:45

  「振動入力に対する幼児頭蓋内の動的応答と損傷評価」

講演者:同志社大学 辻内 伸好 教授

  概要:

幼児に関しては転倒およびその他の事故からだけでなく,激しい揺さぶり

(幼児揺さぶられ症候群:SBS)によって頭部外傷が生じると報告されている.

ここでは定量的な評価を行うため,大型加振機を用いて透過頭蓋骨頭部を有する

6 ヶ月児ダミーを加振し,揺さぶり行為を再現した実験を実施した.

また,幼児頭部を内部構造も含めた詳細な有限要素モデルを作成し,加振振動実験

から取得した頭部の加速度および角速度を入力として,揺さぶり動作を再現した

シミュレーション解析を行った.以上の結果を基に,架橋静脈が破断する閾値と

比較検証を行うことで,揺さぶり振動が幼児頭部に与える影響およびその危険性を

検証した.

 

[講演2]13:45-14:25

  「切削加工プロセスに関わる工作機械と工作物の動剛性評価」

講演者: 京都大学 河野 大輔 准教授

  概要:

  切削加工プロセスにおいて,工具ー工作機械ー工作物で構成される工具ー工作物間

ループの動剛性は加工能率に大きな影響を与える.ここでは,5軸制御工作機械に

おける工具ー工作物間ループの動剛性を測定し,回転軸の角度が動剛性に与える影響

を調べた結果を報告する.また,加工条件設定に活用するために,工作物の動剛性を

機上で測定する方法について述べる.

 

[見学について]14:25-14:35 コベルコ科研 廣岡

①  神戸製鋼所 加古川製鉄所 厚板工場

②  コベルコ科研 振動実験棟 4Poster試験装置

 

[見学] 14:40-16:50

14:40 商工会議所をバスで出発

15:00 神戸製鋼所 加古川製鉄所 厚板工場の見学

15:40  振動実験棟にバスで移動

15:50 振動実験棟内 4Poster試験装置の見学

16:30 商工会議所にバスで移動

 

[諸連絡] 16:50-17:00

 

加古川駅周辺で交流会を行います(17:15-19:30)。

 

※工場見学につきましては、

 同業他社の方のご参加をお断りする場合があります。

 予めご了承ください。

 

※交流会は無料です。